MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

アドバンテックと日本ラッドがインダストリアルIoT分野での協業を発表-日本初のWISE-PaaS/IIoTのアライアンスを実現-

Date: 8/17/2017 12:00:00 AM

産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)と、日本ラッド株式会社(JASDAQ上場、本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:須澤通雅、以下 日本ラッド)は、インダストリアルIoT(IIoT)分野におけるソリューションの販売において協業することを発表します。


日本初のWISE-PaaS/IIoTのアライアンスでインダストリ4.0分野でのソリューションを提供

本協業はアドバンテックが推進するワールドワイドなWISE PaaS/IIoTのアライアンス上での日本初となる提携に基づいており、インダストリ4.0に対応するスマートファクトリーにフォーカスしたソリューションを提供します。この中でアドバンテックは最新のHTML5テクノロジーに対応したSCADAソフトウェア「WebAccess」 や産業用PC 「TPC/UNOシリーズ」、インテリジェント制御PC 「APAX」、ネットワーク機器 「EKIシリーズ」、IoTデバイス 「WISE、ADAMシリーズ」を提供し、日本ラッドはオリジナルIoTクラウドプラットフォーム 「Konekti™」シリーズをアドバンテックソリューションと連結し、強みである無線技術やAI開発ノウハウ、クラウドインテグレーションノウハウを活用した「ラッド流工場IoT化ソリューション」を提供いたします。


テクノロジーの融合により、工場の機械保守能力・予知分析能力が格段にアップ

アドバンテックの「WebAcess」と日本ラッドのAI ツールの融合により、工場側の機械保守、予知分析能力が飛躍的に向上し、多種多様なBIを駆使して現場状況を直観的に把握できるようになります。VIP会員になっていただくと、WebAccess 自体の特別金額を付与されるだけでなく、アドバンテックニュースや各メディアを通じて全世界にパートナー告知を促し、新たなビジネスチャンスを掴むことが可能です。
(Advantech WISE-PaaS/IIoTアライアンスウェブサイト : http://wise-paas.advantech.com/ja-jp/industrial-iot


- 協業概念図 -

(※クリックして画像を拡大)


本協業に関して、各事業責任者は以下のように述べております。

アドバンテック株式会社 iFactory セクター ディレクター 古澤 隆秋
我々のIoTマーケットに対する投資の中でも、日本ラッド社とのアライアンスパートナーシップは、重要な意味を持ち、ダイナミックなマーケットの動きと多岐にわたる顧客ニーズに応えられると確信し、今回の提携に至りました。産業用コンピューティングの分野で豊富な実績と経験を持つ、我々のセンシングデバイスやゲートウェイ、ならびにこれらのハードウェアを活用するためのIoTソリューションを用いることで、特にIoTの強みが活かせると考えられるスマートファクトリの分野にて信頼性の高いシステム構築を実現します。

日本ラッド株式会社 IoTソリューション事業部 事業部長 平井 強
アドバンテック社が提供するWebAccessをキーソフトウェアとして連携することで、「ラッド流Internet of Things」が標榜しているエンド・ツー・エンドソリューションのパズルピースがすべて埋まりました。国内外の主要メーカのPLCやCNCからのデータ取得に既に対応しているWebAccessを活用することで、マルチベンダー環境であっても安価に素早くデータ取得や見える化環境を提供できます。また、最新のWebテクノロジーを活用したWebAccessはクラウドソリューションとの相性が良く、この連結を通じリアルタイム情報、分析、最適化制御、予知保全等のお客様のニーズを幅広く対応することが可能になり、製造業・スマートファクトリー向けに日本ラッドのテクノロジーを最大限活かせる環境が整ったと考えており、更に展開を加速してまいります。


■ アドバンテックについて  - インテリジェント・プラネットの実現が我々の使命です -
台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界23カ国94都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用PC、リモートI/Oモジュールや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。
(アドバンテック株式会社 ウェブサイト http://www.advantech.co.jp/ )


■ 日本ラッド株式会社について  - 顧客企業のホームドクターとして -
所在地:東京都港区虎ノ門 2-2-5 共同通信会館ビル
代表取締役社長:須澤通雅
JASDAQ 上場(コード番号 4736)

創業 46 周年を迎える、ソフトウェアの受託開発、ハード・ソフトを組み合わせたシステムインテグレーションを主業務とした1999 年公開の JASDAQ 上場企業です。革新的なコア技術によるソリューション提供、フルターンキーのシステム構築・運用サービス等を展開しています。近年はテクノロジーカンパニーとしてAI、IoT、セキュリティ等最先端の技術領域でのプロダクト・ソリューション開発を積極的に展開しつつ、ビッグデータ、クラウド、医療、動画解析等既存領域での更なる高付加価値サービスの開発に取り組んでいます。
(日本ラッド株式会社 ウェブサイト http://www.nippon-rad.co.jp/