MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

産業IoT業界で躍進するアドバンテックが、日本の IoT をさらに加速する〜アドバンテック株式会社社⻑マイク小池 日本貿易振興機構(JETRO)主催 対日投資ビジネ

Date: 2/15/2017 12:00:00 AM

アドバンテックが、日本の IoT を加速する

~アドバンテック株式会社社長マイク小池 日本貿易振興機構(JETRO)主催 対日投資ビジネス・フォーラムレポート~

アドバンテック株式会社社長兼日本地区最高責任者マイク小池は、2017年1月18日に台湾・台北で開催された、日本貿易振興機構(JETRO)主催対日投資ビジネス・フォーラムに登壇し、日本ビジネスの今後の展望を語るとともに、アドバンテック日本支社の成功事例を示し、台湾企業への日本進出を呼び掛けました。

日本市場開拓は、価格競争だけではなく、製品の付加価値がカギとなる

産業用コンピュータの分野でトップ・メーカーであるアドバンテック株式会社は、IoTビジネスにおいても業界を席巻しています。マイク小池は、取材陣の単独インタビューにも応じ、多数の日本での成功事例を紹介しました。インタビューの中で、マイクは、日本でのIoTビジネスの現状をこう語っています。「IoTの技術上の障害の改善、また規制緩和や行政支援が三位一体となって、IoTビジネスの発展と機会創出を行っています。その中で、アドバンテック本社が、日本支社を通じて各パートナー企業との連携、IoTビジネスへの積極参加をすることで、今後日本での発展のスピードアップを行うことを望んでいます。」 また、次のようにも述べています。「日本国内の産業コンピュータの競争は激化しており、数多くの製造業者が続々と参入しています。この現状の中、多くの台湾関連企業が、医療分野をはじめとした専門的な業種において、製品購入後のアフターサービス、および細やかなサービスによって顧客の信頼を得ています。これにより日本市場全体の台湾企業のシェアは右肩上がりになっています。長期的なIoTビジネスの発展については、価格競争ではなく、製品の付加価値を中心に日本の垂直市場の開拓をするべきでしょう。」

それではいかにして商品の付加価値を増加させるのでしょうか?マイクはアドバンテックの事例を話しました。「以前は、アドバンテックはハードウェアを中心に販売していました。しかし、現在では、WISE-PaaSを中心にIoTサービス、SRPサービスを提供しています。これは、ハード面とソフト面をセットで提供することによって付加価値をつけるためです。」

マイク小池

日本固有の文化を理解し、お客様に寄り添ったサービスで信頼を

そのうえで、マイクはこのように強調しています「台湾企業は、日本市場の固有の文化をよく理解する必要があります。たとえば、アドバンテック・ジャパンは、設立して今年で20年になります。浅草の本社では、オフィス機能のみならず、アフターサービス、および製品の組み立ても可能です。また、当社では、2016年12月に、賃貸契約をしていたビルを購入しました。日本に根を張り、顧客にさらに良いサービスを提供することを決意したからです。アドバンテックの技術サービスは、日本で概ね好評です。多くの顧客からは、厚い信頼をいただき、様々な形で当社の製品を採用いただいています。その証として、日本地区の売上高は、私が就任した2012年以来、約3倍になっており、売上成長率もワールドワイドで一番の伸びを見せています。特に、デザイン設計、オートメーション化分野などの需要があり、売り上げに繋がったと思われます。各バーティカルセグメントに特化した形でビジネス展開を見せることも重要です」

「Advantech IoT 47プロジェクト」を始動、日本のIoTを盛り上げる

マイクは、ここで、「Advantech IoT47プロジェクト」を開始することを発表しました。「全国47都道府県にむけて、様々な活動を行う予定です。実際にその地を訪れ、直接、顧客、または顧客となりうる企業とお話をする中、お客様の要望を理解し、今後の市場開拓を進めていくつもりです。現在、アドバンテック株式会社では、75人の社員が在籍しています。東京約50名、大阪約20名、名古屋1名。名古屋周辺は、日本のトップ工業エリアの一つであり、自動車産業の中心地でもあるので、今後は名古屋オフィスを拡大する計画です。これにより、今後は、Industry 4.0における潜在的ビジネスチャンスをますます獲得していくでしょう。」

対日投資ビジネス・フォーラムは、日本貿易振興機構(JETRO)および日本台湾交流協会により、台湾企業の日本進出を促進するために開催されました。本イベントにおいて、アドバンテックは、IoT向けにもボードコンピュータや通信モジュールなど多分野にわたり活躍している会社として招聘されました。本イベントでは、Japan Embedded System Technology Association(JASA)、IoTビジネスのエキスパートである清水徹理事(慶應義塾大学 特任教授)が、日本におけるIoTビジネスの今後の動向と発展についても語っています。